家族への罪悪感に悩まされながらカードローンで借金を繰り返す

女性50代
営業17年
正社員で営業を17年くらい、契約社員やバイトではテレアポやレジ打ち、清掃などを経験しました。
家族は4人暮らし、震災で離職中に自己流で勉強してMos2010、Word、Excelに合格し、現在は就活中です。

正社員のときに

40代の頃で営業していた時にカードローンを利用しました。

代理店制度の影響で

入社して研修期間が終わったころの雇用契約を結ぶときに、初めてその会社は代理店制度であることを知りました。
半強制的にパートさんを雇用する形になり、店舗の家賃、カタログや資料、パートさんの賃金など負担が大きくなり、支払いが出来なくなりそうだったので利用しました。

同僚に相談して

同僚も支払いで悩んでいて、お互いどうしたらいいかわからずにいましたが、簡単にすぐに借りれるからそれしかないという同僚の勧めもあり、悩んだ結果家族で内緒で借りることにしました。

一番不安は家族

家族に相談していなかったので、知られないか不安でした。

罪悪感

家族への内緒がずっと罪悪感があったので、支払いが終わったときは、本当に心からホッとしました。

お金に振り回される日々

銀行に指定日までに振り込み、当時は金利が高く、支払いの殆どが金利に回ってしまうため返済額がなかなか減らないのですが、それでも簡単に借りれるので、支払いをしてはまたお金を借りるという悪循環の日々でした。
支払いが苦しくなると、他社でまたカードを作るなどしばらくはお金に振り回され続けました。

強い気持ちを持って借りる

カードローンも消費者金融や銀行など種類がありますので、状況に合わせ収入と支払いのバランスを考えて利用すればとても便利だと思います。
しかし、限度内であれば何度でも借りることが出来るため、いつまでも貸借の繰り返しになってしまいます。
しっかりと返済の目標を立て、返済出来る範囲にとどめる強い気持ちを持ちましょう。